ビオトープに関する資格

ビオトープとは何かを正しく理解する事はいま、とても大切です。
ビオトープと称して、様々な商品が出回る中、
本来のビオトープの意味や役割が
果たされていない例が増えてきたのです。

そこで、ビオトープ管理士という資格認定が
財団法人日本生態系協会によって行われています。
また、日本ビオトープ協会では、
ビオトープアドバイザーという資格を設けています。

現在「ビオトープ管理士」の資格は、重要な資格になりつつあります。
環境省の入札参加資格審査申請における有資格者に指定されていたり、
国土交通省などの各地の行政機関での入札要件になっていたりするのです。

「ビオトープ管理士」には1級と2級があり、
またそれぞれに「計画管理士」と「施工管理士」の2種が存在します。
1級は実務経験などが必要ですが2級に受験資格は特にありません。

「ビオトープ管理士セミナー」や
「ビオトープアドバイザー認定研修会」などが開催されています。
特にビオトープに関する資格試験を受ける予定のない人にとっても、
ビオトープについて深く学べる場となっています。

ビオトープの実践に必要な基礎知識や基本設計を学ぶことができます。

ビオトープは自然の姿を真似したものです。
本当の自然であれば、
そのままでバランスがとれているので人の手は必要ありませんが、
そこはビオトープ。
人口のミニチュアの自然なので、人の管理が必要になります。

ほったらかしにしておくと、池が泥で埋まったり、
かたよったバクテリアの繁殖を招いたり、
せっかくビオトープで暮らしている生き物たちに
悪影響が出てしまいます。

ビオトープの管理をしっかりして、よい環境を守りましょう。

スポンサードリンク

トップ > ビオトープ > ビオトープに関する資格