お米の種類

お米は世界のあちこちで作られていますが
このお米のほとんどは
アジアイネとも呼ばれるサティバ種です。
アジアに起源を持つお米です。

サティバ種のお米には、3つの亜種があります。

〜ジャポニカ種(日本型、短粒種)〜
形が丸みを帯びたお米です。
炊飯米は粘りがあります。
おにぎりに向いているお米ですね。
日本で作られているお米は、ほぼ全量がジャポニカ種です。
炊いたり蒸したりする調理法です。

〜インディカ種(インド型、長粒種)〜
形が縦長のお米です。
粘りは少ないので、日本人にはパサパサとして感じるお米です。
世界的にはジャポニカ種よりも
インディカ種米を作っているところが多いです。
主な調理法は煮ることです。

〜ジャバニカ種(ジャワ型、大粒種)〜
長さと幅ともに大きい大粒のお米です。
粘りはインディカ種に近い感じです。
東南アジア島嶼部で主に生産されるほか、
イタリアやブラジルなどでも生産されているお米です。


水田で栽培するイネは水稲(すいとう)と呼ばれます。
畑で栽培するイネを陸稲(りくとう、おかぼ)と言います。
日本のお米はほとんどが水稲です。

水稲と陸稲は性質には違いがあるのですが、
結局は同じ種の連続的な変異ではないか、
と考えられているようです。

収穫量は一定面積当たりで比較すると、水稲の方が多いです。

普通のごはんとして私たちが毎日食べているお米を
粳米(うるちまい)といいます。
餅やおこわに用いられる米を糯米(もちごめ)と言います。

うるち米は粘り気が少なく、
もち米は粘り気が多いという特徴があります。

うるち米のデンプンは、
アミロース約20%とアミロペクチン約80%ですが
もち米のデンプンはアミロペクチンが
ほぼ100%であるという違いがあります。

スポンサードリンク

トップ > お米のこと > お米の種類