田んぼの塩害解消に好塩菌

田んぼが津波に使ったところでは
塩分の集積による被害の早期回復が課題ですね。
海水には塩以外にもさまざまな塩分(無機質)が含まれています。

そこで、好塩菌と呼ばれる細菌がいます。
好塩菌は、生育するために
塩=塩化ナトリウム(NaCl)を必要とする細菌のことです。

好塩菌はNaClの要求する濃度によって、3段階に分けられています。
・弱好塩菌 2〜5%のNaClを要求
・中好塩菌 5〜20%のNaClを要求
・強好塩菌 20%以上のNaClを要求

また、耐塩菌と呼ばれる菌もいて、
こちらは生育のために必ずしもNaClを要求しないものの
ある程度の濃度のNaClが存在しても生育する細菌です。

好塩菌のほとんどは海洋細菌ですが、
塩湖、塩田、岩塩地帯などに暮らしているものもいます。

みそ、醤油、塩蔵品などの食品中にも生きています。
耐塩菌は陸上にも多いのですが、海にもいます。

海の平均的なNaCl濃度は2.8%ですから、
海洋細菌の多くは弱好塩菌だといえるでしょう。
食中毒菌の腸炎ビブリオも弱好塩菌で、
中好塩菌や強好塩菌は塩湖や塩漬けにされた食品中に生息しています。

好塩菌は塩=塩化ナトリウム(NaCl)などの塩類をよく食べて生育するため、
津波などの塩害を受けた田畑の回復を早める効果が期待されています。
海水には、塩化ナトリウム(NaCl)だけでなく、
100種類以上の元素が含まれています。

塩類(無機質)を食べて生育した菌は
死んだあとでも菌体が有機物として残りますので
作物にも利用されることになります。 スポンサードリンク

トップ > 田んぼ・イネ > 田んぼの塩害解消に好塩菌