お米栽培と国

お米の栽培の起源は今から6000年前と言われています。

お米の栽培技術が風土性と関わりながら、
文明の発達が著しかったアジアやアフリカに伝わったのち、
今から5000年程前に中国に伝わったといいます。

本格的なお米の栽培が始まったのは、どうやらこの辺からのようです。
お米づくりに適した風土だったのは揚子江や黄河など大きな川の沿岸。
ここで育まれたお米が、今から2000〜3000年前に日本に伝来し、
日本のお米の起源となったのです。
ちなみに日本に伝わった当時のお米は、いわゆる“赤米”だったといわれています。

お米ははじめ、九州の北部に伝来したました。
そこからお米は、時の経過に伴って近畿〜東海〜関東〜東北へと、
しだいに日本中に広まっていきました。

こうしてお米作りが成長するにつれて、
新しいさまざまな文化を大陸から吸収する力をつけることができた日本は、
いわゆる弥生文化を大きく花開かせたのです。

日本では初めての国家といわれる邪馬台国がその頃(3世紀)、
女王・卑弥呼のもとで発祥し、
お米の発達とともに、いよいよ日本は国としての形が整いはじめました。
お米が国文化の中心となったです。

当時、高い技術を誇った稲作を中心に、労働や管理などに対する組織が形成され、
生活を営むための最大の手段となりました。
さらにお米は権威・権力の象徴として政治の世界に深く交わるようになり、
お米を中心とした国家の成り立ちは変わることなく永続することになったのです。

スポンサードリンク

トップ > お米のこと > お米栽培と国